遺留分権利者と遺留分の割合

配偶者、子(代襲相続人を含む)、直系尊属の相続人が遺留分権利者に該当します。兄弟姉妹の相続人は遺留分権を有しません。

 

また、相続人が有する遺留分の割合は、以下のとおりです。

 

 

 相続人  遺留分
 相続人が直系尊属のみの場合  3分の1
 その他の場合  2分の1(ただし、兄弟姉妹の相続人は除きます。)

 

▲このページのトップに戻る