代襲相続

代襲相続とは、本来相続人であったはずの子が、被相続人の相続が発生するまえに亡くなっているとき、被相続人の孫が相続人になることです。その他、上記の被相続人の子が、相続欠格に該当していたり、廃除されたりしたときも代襲原因となるので、孫が代襲相続をすることになります。

 

代襲相続できる人の範囲は、相続人が子であるか、兄弟姉妹であるかによって異なり、相続関係や原因によって、代襲相続が発生しないケースもあります。

 

 

相続人が子である場合の代襲相続、相続人が兄弟姉妹である場合の代襲相続、代襲相続が発生しない場合の詳細は、以下のとおりです。

 

 

 

@ 子の代襲相続  

 

 

被相続人の相続が発生したとき、その子がすでに亡くなっていたり、相続欠格者は廃除者であったりした場合、被相続人の孫がいるときに代襲相続が発生します。

 

さらに、被相続人の子だけではなく、孫も亡くなっていたり、相続欠格や廃除で相続権を失っていたりしたとしましょう。このようなとき、被相続人のひ孫がいれば、その子が相続人します。このようなひ孫の相続を、再代襲相続といいます。

 

 

 

A 兄弟姉妹の代襲相続

 

 

被相続人の相続が発生するまえに、被相続人の兄弟姉妹がすでに亡くなっていた場合、兄弟姉妹の子(被相続人の甥、姪)がいれば、その子が代襲相続人として相続します。

 

ただし、兄弟姉妹の代襲相続が認められるのは、兄弟姉妹の子だけで、再代襲相続が発生する余地はありません。

 

 

 

B 代襲相続が認められない場合

 

 

被相続人の相続が発生するまえに、被相続人の配偶者がすでに亡くなっていたり、相続欠格や廃除によって相続権を失ったりしていても、代襲相続が発生することはありません。

 

また、被相続人の直系尊属が相続人となるときも、代襲相続は発生しません。たとえば、配偶者と子がいない被相続人の相続が発生するまえに、被相続人の父母のうちの父がすでに亡くなっていたとしましょう。このような場合、被相続人の父の両親である祖父母が代襲相続人になるのではなく、被相続人の母だけが相続人となるのです。

 

それから、被相続人の相続が発生するまえに、法定相続人であった子が相続放棄をしたとき、被相続人の孫は代襲相続人にはなりません。なぜなら、相続放棄は代襲原因ではないからです。

  

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 04-2958-7666
受付時間 : 9:00〜18:30(土日祝祭日は除く)
担当 : 佐伯(さえき)

                 お問合せ・ご相談フォームはこちらへ

                 → 代表者ごあいさつはこちらへ

▲このページのトップに戻る