相続登記の登録免許税の免税措置

2018年の税制改正により、相続登記の登録免許税の免税措置が設けられています。

 

個人が土地を相続により取得した後、相続登記をしないまま亡くなったとき、2018年4月1日から2021年3月31日までの期間に、上記の亡くなった個人名義にするための相続登記を行った場合、登録免許税が課されないこととなりました。

 

たとえば、ある土地の登記名義人Aが亡くなってBが相続したとします。その後、BがAの相続登記をしないまま亡くなってCが相続したとしましょう。このとき、A名義の土地を最終的にC名義とするため、その前提として行うAからBへの相続登記の登録免許税が免税と対象となるのです。これに対して、その後行うBからCへの相続登記の登録免許税は免税の対象となりません。

 

→ 相続登記の登録免許税の免税措置について(法務局HP)についてはこちら

 

ただ、上記のような数次相続の場合で中間の相続人(上記の例ではB)が1人であるときは、登記名義人から最終の相続人へ直接相続登記をすることができます。中間の相続人が複数名いるときでも、遺産分割協議をしてその中の1人の相続人が相続した場合も同様です。

 

→ 数次相続の場合の相続登記についてはこちら

 

そのため、数世代間による土地の相続登記をするときでも、この登録免許税の免税措置が適用されるケースはあまり多くないかもしれません。

▲このページのトップに戻る