2018年度および2022年度の税制改正により、以下の二つの相続登記の登録免許税の免税措置が設けられています。

 

【ⅰ.相続による土地の権利取得者が相続登記をする前に亡くなった場合】

 

個人が土地を相続により取得した後、相続登記をしないまま亡くなったとき、2018年4月1日から2025年3月31日までの期間に、上記の亡くなった個人名義にするための相続登記を行った場合、登録免許税が課されないこととなりました。
 

たとえば、ある土地の登記名義人Aが亡くなってBが相続したとします。その後、BがAの相続登記をしないまま亡くなってCが相続したとしましょう。このとき、A名義の土地を最終的にC名義とするため、その前提として行うAからBへの相続登記の登録免許税が免税と対象となるのです。これに対して、その後行うBからCへの相続登記の登録免許税は免税の対象となりません。
 

ただ、上記のような数次相続の場合で中間の相続人(上記の例ではB)が1人であるときは、登記名義人から最終の相続人へ直接相続登記をすることができます。中間の相続人が複数名いるときでも、遺産分割協議をしてその中の1人の相続人が相続した場合も同様です。
 

→ 数次相続の場合の相続登記についてはこちら
 

そのため、数世代間による土地の相続登記をするときでも、この登録免許税の免税措置が適用されるケースはあまり多くないかもしれません。

 

【ⅱ.相続登記対象の土地の価額が100万円以下の場合】

 

相続(相続人への遺贈も含む)による土地の所有権移転登記および表題部所有者の相続人名義の土地の所有権保存登記を行う場合、当手続き対象土地の価額が100万円以下の場合、登録免許税の免税措置が適用されます。

→ 相続人名義の所有権保存登記についてはこちら
 

登録免許税の免税措置期間は、相続による土地の所有権移転登記の場合、2018年11月15日から2025年3月31日までです。一方、表題部所有者の相続人名義の土地の所有権保存登記についての登録免許税の免税措置期間は、2021年4月1日から2025年3月31日までとなっています。
 

→ 相続登記の登録免許税の免税措置(法務局HP)についてはこちら

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
04-2958-7666

担当:佐伯(さえき)

受付時間:9:00~18:30
定休日:土日祝祭日

遺産相続相談、遺言・相続手続き、遺言書作成のご相談、相続、売買、贈与、抹消などの不動産登記手続き、会社設立、役員変更などの会社の登記手続きは、実績のある埼玉・狭山の佐伯司法書士事務所にお任せください。
親切・丁寧な対応をモットーとしております。お気軽にご相談ください。

対応エリア
狭山市、日高市、入間市、鶴ヶ島市、所沢市、川越市、飯能市、坂戸市、その他埼玉県、東京都など関東地方全域

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

04-2958-7666
04-2941-6504

<受付時間>
9:00~18:30
※土日祝祭日は除く

ごあいさつ

saeki.jpg

代表の佐伯です。親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

佐伯司法書士事務所

住所

〒350-1308
埼玉県狭山市中央三丁目
6番G-206号

営業時間

9:00~18:30

定休日

土日祝祭日

主な業務地域

狭山市、日高市、入間市、鶴ヶ島市、所沢市、川越市、飯能市、坂戸市、その他埼玉県、東京都など関東地方全域