相続登記とは

相続問題が発生されて、まず私たち司法書士がみなさま方に 対してお手伝いさせていただける代表的なものとして相続登記 があります。  

 

相続登記とは土地や建物など所有されている方がお亡くなりにな

られて相続が発生し、その土地や建物などを相続される方に名

義を移す不動産登記手続きのことです。  

 

 

相続登記の手続きの方法は、以下の3つに分けられます。

 

【@.遺言書による相続または遺贈の登記】

 

遺言書が存在している場合で、遺言書に記載されているとおりに相続または遺贈の登記をします。

 

→ 遺言書による登記についてはこちら

→ 被相続人の残した遺言書の探し方についてはこちら

 

 

【A.遺産分割協議による相続登記】

 

遺言書が存在しない場合で、相続人全員による協議(話し合い)によって、不動産を取得される方を決めていただき、その取得される方へ相続登記をします。

 

→ 法定相続分と異なる遺産分割についてはこちら

 

 

【B.法定相続による相続登記】

 

遺言書が存在しない場合で、遺産分割協議もしない場合には、法律で定められた相続分にしたがって相続登記をします。

 

→ 法定相続の登記後、遺産分割をした場合の手続きについてはこちら

 

2018年の税制改正により、一定の土地の相続登記についての登録免許税の免税措置が設けられています。

 

→ 相続登記の登録免許税の免税措置についてはこちら 

▲このページのトップに戻る